安くて安全に乗れる中古車を選ぶ

新車は軽自動車やコンパクトカーでも100万円以上はかかるため、予算が厳しい人は安い価格の中古車の購入を検討する人もいるでしょう。中古車の情報サイトをチェックすると、50万円以下の車もありますし、中には5万円以下の車もあります。予算が限られている人は、そんな激安価格の中古車に手を出してしまいそうになるかも知れません。しかし、そういった車は修復履歴が多かったり、水没車であったりと、何かリスクがある車という可能性もあります。そんな後からトラブルになる中古車を掴んでしまわないように、安い価格を重視して中古車を購入するときには、車のコンディションをよくチェックするなど、損をしない中古車を選びましょう。

50万円以下の安い価格の中古車選びのコツ

単純に走行距離が多ければ多いほど中古車の価格は下がります。50万円以下の中古車の走行距離は、だいたい5万キロ~10万キロ程度の場合が多いです。このような車は質が低そうと感じるかも知れません。しかし、前のオーナーの車の管理状態が良く、定期的なメンテナンスがされている車であれば、走行距離が多くても質の高い車もあるので探す価値はあります。

中古車に定期点検整備記録簿などが付いていると、過去のメンテナンス記録をチェックできるので、中古車の質の良悪を確認できます。中古車の広告を見て気に入った車を見つけたら、実際の車を自分の目で確認することが大事です。定期点検整備記録簿が付いている中古車でも、オーナーが手放した時の状況がどうであったかはわからないものです。外装や内部の環境の具合を目視し、内部の装備がキチンと動作するか実際にチェックしたり、乗り心地なども確かめておきましょう。

中古車は原則としてはクーリングオフの対象にはなりません。理由としては、グーリングオフは店舗販売や通信販売では適用できないためです。

Menu